合宿免許の注意点

免許

自動車免許の取得を考えた際、安い費用で自動車学校を卒業できる合宿免許はとても魅力的だと言えます。順調に試験をクリアすれば14日から16日ほどで自動車学校を卒業することが可能です。地域によって自動車学校にかかる費用が異なっている場合がほとんどで、合宿免許の費用にも多少の差異があります。もし合宿免許の利用を検討しているのであれば、周辺の地域などを調べてみると良いでしょう。費用が安いほど良いというわけではありませんので、しっかりと知識や技術が身につくような指導をしてくれる自動車学校を見つけるようにすると良いでしょう。

運転免許を取得する方法として便利な合宿免許ですが、メリットだけが含まれているわけではありません。合宿免許は寮などの宿泊施設に泊まりながら自動車学校の組んだスケジュールに沿った受講をする必要があります。そのため、まとまった休みが必要になってしまいます。自動車学校側が組んだスケジュールを遂行しなければ、期限までに免許を取得することは難しくなってしまいます。途中で帰宅したりすることで利用を中止するという事になりますが、合宿免許の場合は返金が不可能である場合が多いので、途中で辞めてしまうとお金が無駄になってしまいます。また、仮免試験を落としたり普段の教習で点数をもらえなかったりすると、もちろん卒業は出来ません。決められたスケジュールの中でしっかりと試験に合格することが大切なのです。

合宿免許を希望している人は少なくありません。しかし、実際に利用してみると徹底したスケジュール管理に窮屈さを感じてしまったりすることも少なくないでしょう。通学制に比べると自由度は制限されてしまいます。宿泊施設の設備に不満があっても、決められた日数はそこで生活しなければいけません。合宿免許は短期間での運転免許取得が可能ですが、それからしばらく車に乗らないと運転を忘れてしまうこともあります。じっくり乗車できたり交通ルールなどを学べる通学制よりは、運転技術が多少劣ってしまうこともあるでしょう。そうならないために、合宿免許を利用する前にしっかりと意識を高めて、安全な運転が身につくようにすることが大切です。